幼児コース
0歳~1歳コース
2歳~3歳コース
年少・年中コース
年長コース
小学生コース
小学1年生~3年生コース
小学4年生~小学6年生コース
特別支援コース
特別支援コース

七田チャイルドアカデミー
栃木教室

  • TEL : 0282-20-6310
  • 住所 : 〒328-0054
    栃木県栃木市平井町870-1

七田チャイルドアカデミー栃木校へのアクセス

幸福のポストカード

▶ がんの治療にイメージの力「サイモントン療法」

「サイモントン療法」という治療法をご存じでしょうか。米の放射線治療医のカール・サイモントン博士によって確立されたがんのイメージ療法です。博士は、癌患者さんの治療をするうちに同程度の癌で同じ治療を受けたとしても、その回復には大きな違いがあるということに気づきました。希望を持って治療に取り組むか、絶望感に打ちひしがれて治療に取り組むかで、回復に大きな違いがあるということです。つまり、心の持ち方が結果に大きく影響するということがわかりました。そして、博士は放射線治療医をやめ、イメージの力で自然治癒力を高めて治療する方法を研究しました。

9歳のギャレット・ポーター少年の例を紹介しましょう。パトリシア・ノリスという博士が、脳腫瘍を患った少年に脳腫瘍は敵だと教え、敵である脳腫瘍にミサイルを撃ち込むイメージをさせました。毎日、徹底的にミサイルを撃ち込むイメージを行い、日々強化させていきました。だからといってすぐに脳腫瘍が消えるわけではありあせん、長い年月を要するため、少年が飽きてきたらゲームをするような感覚を持たせるなどして、少年を飽きさせないようにしました。そして、来る日も来る日も敵(脳腫瘍)にミサイルを撃ち込むイメージトレーニングを行いました。ある日、少年が言いました。「あれ、敵がいなくなっちゃった」。少年のイメージの中では、敵である脳腫瘍が消えてしまったのです。彼の両親は信じられませんでしたが、実際にCTスキャンを撮ってみると、本当に腫瘍が消えていたのです。

脳腫瘍がなくなるというイメージを何度も繰り返しさせ、イメージを強く植え付けたことによって、少年の潜在意識が書き換えられ、自然治癒力が高まり、脳腫瘍が消えてしまったとしか考えられません。重要なのは潜在意識に働きかけることなのです。

心の底から望んでいるイメージを描くことによって、自分の望む結果を得ることができます。脳は、現実とバーチャルの区別ができません。繰り返し繰り返しイメージをすることによって、脳は、それが現実と思い込み、その結果に向かうよう自然に行動するようになるのです。

イメージの力は人が考えているよりもずっと強力なパワーを発揮します。イメージトレーニングは、すればするほど上手にできるようになります。レッスンで行うイメージトレーニングは、日々の生活の中でポジティブな良いイメージをする習慣をつけてもらうためです。子どもだけでなく親御さんもぜひ行ってみてください。(26.12)

 




この時期のポイント